院長の症例紹介|下野市・小山市の動物病院|二次診療・夜間救急対応のちょう動物病院|page5

栃木県下野市の動物病院なら、ちょう動物病院

まずはお気軽にお問合わせください。

0285388309

9:00~12:00・16:00~19:00
木曜・日曜午後・祝日休診

 

飼い主様と話し合いながら一緒に決めていく治療

images

院長の症例紹介

診察症例:フレンチブルドッグ 1歳 オス 食物アレ...

院長の症例紹介 2017/03/28

主訴は「皮膚が赤くなって、痒みがある」との事でした。 他院にて塗布薬を処方されていましたが、皮膚の発赤も改善と再発を繰り返していた事から当院を受診されました。    来院時 来院時は口回り、両耳、指間の発赤が顕著で、腹部にも発赤が広がってい...

>>続きはこちら

手術症例:猫(雑種) 6歳 オス 眼球損傷 眼球摘...

院長の症例紹介 2017/03/25

主訴は「拾った時から左眼にケガをしている」との事でした。  来院時 来院当初も左眼に視覚はありませんでしたが、本人も気にする様子が見られなかったため経過観察としました。  初診より半年後 ですが初診より半年後、遊んでいる最中に顔から床に落下...

>>続きはこちら

手術症例:ポメラニアン 8か月 メス 乳歯遺残 乳...

院長の症例紹介 2017/03/20

今回は避妊手術適齢期になり乳歯遺残を確認したため、避妊手術と同時に乳歯抜歯を行った症例をご紹介します。 小型犬での乳歯遺残は比較的よくある事ですが、歯垢が付きやすかったり、歯肉炎になったりと残していてもメリットはありません。将来のために当院では避妊・去...

>>続きはこちら

診察症例:セキセイインコ 6歳 卵詰まり

院長の症例紹介 2017/03/18

主訴は「1日かけて卵を産んだが、お尻から取れない」との事でした。  来院時 卵を産むのみ1日時間が経過していたため、卵に被っていた粘膜が乾燥し卵詰まりを起こしていました。そのため、乾燥した粘膜を生食で少しづつ除去していきました。  除去後と卵 ...

>>続きはこちら

手術症例:アメリカン・コッカ―・スパニエル 7歳 ...

院長の症例紹介 2017/03/16

主訴は「2日前より右後ろ足のに体重が掛けられない」との事でした。 以前より同症状を何度も繰り返しており、他院にて「脱臼」の診断をされていたので、当院には手術希望で来院されました。  レントゲン画像 黄色い丸部分が脱臼部です。股関節脱臼は大腿骨が寛...

>>続きはこちら

ページトップへ

       

下野市・小山市の動物病院なら、ちょう動物病院へ

〒329-0413 栃木県下野市駅東7-1-31

診療対象動物は、犬・猫・うさぎ・ハムスター・小鳥です。

※その他の動物に関しましては、お問合わせください。

診療時間

【休診日】木曜、日曜午後、祝日(ただし急患のみ対応可能)
 ※受付時間は診療時間の10分前までです。

お問合わせはお気軽にどうぞ

【取り扱いペット保険】

anicomipetドコモのペット保険

各種クレジットカードに対応

各種クレジットカードに対応