診察症例:ジャンガリアンハムスター 5カ月 オス 細菌性皮膚炎|下野市・小山市の動物病院|二次診療・夜間救急対応のちょう動物病院

  • 0285388309

    【受付時間】8:50~11:30/15:50~18:30
    ※木曜、日曜午後、祝日休診

  • WEB予約

    アクセス

院長の症例紹介

診察症例:ジャンガリアンハムスター 5カ月 オス 黄色ブドウ球菌 細菌性皮膚炎

主訴は「2日前からお腹を痒がっている」との事でした。

 

img_0202 来院時

 

腹部には発赤があり、痒みから痂疲も出来ていました。

またこの症状との関連性は不明でしたが、食欲も減衰しているとの事でした。

 

原因を追究するため腹部の発赤には顕微鏡検査を行いました。

 

img_0251 顕微鏡検査画像

 

顕微鏡下では角質と球菌が確認され、「細菌性皮膚炎」と診断しました。

 

そのため抗生剤、ステロイドなどの内服を2週間行い、再度ご来院頂きました。

 

img_0252 2週間後の顕微鏡検査画像

 

球菌の数も通常通りに戻り、痒みや脱毛も無くなり、食欲も改善したため治療終了としました。

 

今回の「細菌性皮膚炎」は主に黄色ブドウ球菌が原因とされる皮膚疾患です。

ハムスターの場合は腹部が床材に歩くたびに接するため、傷が出来てしまったり、尿や便が付着する事が原因と言われています。

今回の症例の場合も床材を毎日交換してもらい、抗生剤の内服をした事で早期に改善しました。

 

 

ページトップへ戻る