診察症例:トイプードル 6カ月 オス 下痢 寄生虫感染 ジアルジア|下野市・小山市の動物病院|二次診療・夜間救急対応のちょう動物病院

  • 0285388309

    【受付時間】8:50~11:30/15:50~18:30
    ※木曜、日曜午後、祝日休診

  • WEB予約

    アクセス

院長の症例紹介

診察症例:トイプードル 6カ月 オス 下痢 寄生虫感染 ジアルジア

主訴は「昨日から下痢が続いている」との事でした。

 

元気や食欲はありましたが、下痢症状が続き、血混じりの便が出ているとの事でした。

健診時に腸蠕動音が強いため、便検査をご提案しました。

 

 

 

便の顕微鏡検査を行うと「ジアルジア」を確認しました。

小さく動いている丸い物体が「ジアルジア」です。

 

ジアルジアとは主に小腸に寄生する寄生虫です。

子犬や若齢犬が感染すると軟便や水様便などの症状が出て、長く続くと体重減少や発育不良に繋がります。

また経口感染が主なので、散歩中や集団生活での感染が報告されています。

ジアルジアの治療には抗原虫薬を使用し、駆虫を行います。

今回の症例でも駆虫を行いながら、抗生剤・下痢止め・止血剤などを併用し、治療を進めていきました。

 

子犬の場合は特に下痢症状が続くと、栄養分を吸収できなくなり、命に関わることもあります。

2~3日下痢が続く場合は動物病院に受診して便検査をお勧めします。

ページトップへ戻る