手術症例:ミニチュアダックスフント 12歳 オス 口臭 歯石 歯肉炎 抜歯|下野市・小山市の動物病院|二次診療・夜間救急対応のちょう動物病院

  • 0285388309

    【受付時間】8:50~11:30/15:50~18:30
    ※木曜、日曜午後、祝日休診

  • WEB予約

    アクセス

院長の症例紹介

手術症例:ミニチュアダックスフント 12歳 オス 口臭 歯石 歯肉炎 抜歯

主訴は「口臭が気になる」との事でした。

 

以前より歯石の付着を指摘していましたが、今回は口臭や歯肉後退、また歯の動揺が進行していたため手術を希望されました。

 

 

処置前

 

麻酔下では9本の動揺歯、歯の吸収病巣、歯折による神経の露髄を2か所確認しました。

また、歯肉後退部には多くの食べカスや毛が出てきました。

 

 

処置後

 

今回の手術では飼い主様が出来るだけ歯の温存を希望されたため、手術は立ち合いの下、動揺が重度だった計5本の歯の抜歯を行い、スケーリング、研磨、歯肉の引き締めを行い手術を終了しました。

そして麻酔覚醒もスムーズだった事もあり、手術当日に退院し、現在は経過観察しています。

 

今回の「歯折」については、以前より硬いモノを与えていたために生じた可能性が高いものでした。

歯磨きなどの歯のケアをしていても、年齢を重ねていき高齢になると歯茎の後退が生じたり、歯の力も弱まってきます。

そのため中高齢になったら、フードや遊んでいるオモチャを見直す事は歯のためにも大切です。

ページトップへ戻る