内視鏡症例:バーニーズマウンテンドッグ 1歳 メス 誤食|下野市・小山市の動物病院|二次診療・夜間救急対応のちょう動物病院

  • 0285388309

    【院内受付時間】8:30~11:30/15:30~18:30
    【WEB受付】9:00~11:00/16:00~18:00
    ※木曜、日曜午後、祝日休診

  • WEB予約

    アクセス

院長の症例紹介

内視鏡症例:バーニーズマウンテンドッグ 1歳 メス 誤食疑い

主訴は「嘔吐が最近増えた」との事でした。

 

ビニールなどを誤食してしまい、以前より嘔吐症状で他院にて治療していたという事で内視鏡検査希望で当院を受診されました。

来院時の触診・聴診では腹部圧痛や腸蠕動音にも異常は無く、レントゲン検査でも明らかな異物はありませんでした。

また排便などもあり腸閉塞での通過障害も可能性は低いため、内視鏡にて胃内の精査を行いました。

 

 

胃体部

 

 

噴門部と幽門部

 

 

十二指腸と食道部

 

検査の結果、胃内に病変や異物なども確認されませんでした。

検査翌日にはフードを少量食べ、嘔吐も無かったため退院し、その後はかかりつけ医にて治療をする事になりました。

 

動物の内視鏡検査は麻酔をかけるリスクはありますが、嘔吐などが続く場合には長期間内服で経過を追うよりも内視鏡検査を行い原因を追究した方がいい場合もあります。

簡易的に出来る超音波検査やレントゲン検査にも限界があり、全ての病気の発見は出来ません。

消化器症状が長く続く場合には内視鏡検査も選択肢の一つとして考えて頂きたいと思います。

 

 

ページトップへ戻る