診察症例:ネコ(Mixed) 18歳 メス 肛門嚢炎 自潰|下野市・小山市の動物病院|二次診療・夜間救急対応のちょう動物病院

栃木県下野市の動物病院なら、ちょう動物病院

まずはお気軽にお問合わせください。

0285388309

9:00~12:00・16:00~19:00
木曜・日曜午後・祝日休診

飼い主様と話し合いながら一緒に決めていく治療

images

院長の症例紹介

診察症例:ネコ(Mixed) 18歳 メス 肛門嚢炎 自潰

院長の症例紹介 2016年09月29日

主訴は「お尻から出血して、元気が無い」との事でした。

 

以前からお尻を気にしていたという稟告もあり、検診後に肛門周囲を確認しました。

 

img_9506 来院時

 

左肛門嚢に自潰を確認したため、その周辺を部分的に毛刈りし、壊死組織も確認しました。

そして、排膿もあったため洗浄と抗生剤治療をし、排膿が無くなるまでは、毎日洗浄を行いました。

 

img_9507 初診より3日目

 

壊死組織も取れ、開口部も退縮しつつありました。

この時点で、排膿も無くなり、洗浄はせずに、抗生剤と消毒のみで経過を観察しました。

 

img_9508 初診より7日目

 

この時点では本人も気にしていないということで、抗生剤内服のみで経過を観察しました。

 

img_9509 初診より14日目

 

この時点では出血も無く、開口部もほぼ退縮してましたので、治療を終了しました。

 

今回のような症例は肛門線からの分泌物が「泥状」で、排便時に一緒に排泄されない動物に多い症例です。

肛門線の分泌物は個体差があり、水状から塊状になってしまうものまで様々です。

排泄されているかを確認する事は難しいですが、肛門嚢炎の場合は肛門周辺が腫れてくるため、むず痒くなりお尻を床に擦りつけるようになる行動が多くなりますので、このような行動が見られた場合は肛門嚢に溜まっているサインかもしれません。

 

 

ページトップへ

       

下野市・小山市の動物病院なら、ちょう動物病院へ

〒329-0413 栃木県下野市駅東7-1-31

診療対象動物は、犬・猫・うさぎ・ハムスター・小鳥です。

※その他の動物に関しましては、お問合わせください。

診療時間

【休診日】木曜、日曜午後、祝日(ただし急患のみ対応可能)
 ※受付時間は診療時間の10分前までです。

お問合わせはお気軽にどうぞ

【取り扱いペット保険】

anicomipetドコモのペット保険

各種クレジットカードに対応

各種クレジットカードに対応